ストローク調整をどうするか(チョロ打ち、天打ち)

技術介入という観点から、全ての基本となるのがストロークです。

昔からよく言われているのは、ストロークは「ぶっこみを狙え」というものです。
これは、左右どちらからでもヘソへの入賞が可能な台、今でいえば海物語ですね。こういう釘配置の台を打つ時は、天釘の左側の釘の隙間を狙うことが基本的な打ち方となっていました。右側の方が大抵釘が悪く、左に玉を流した方が回りやすいので理にかなっています。まあ今では右打ち機種が多くなり、あまりぶっこみという概念もありませんが。

で、ストロークでどれくらい差が付くかというと、通常の機種では全く差は付きません。
どんなに強く打とうが弱く打とうが、ヘソまでの距離がかなり長いため、打った玉が風車に付くころには完全に勢いが殺されています。回った気がする、回らなくなった気がする、というのはよくありますが、ストロークで差がついていることは、ほとんどありません。

ただ、一部にはストロークによって確実に差が出てくる機種も存在しますので、そういう台に絞って、ストロークを身に付けていけば良いのです。そして、差が付くというのは、理論的に説明できるものに限定されると考えてよいでしょう。


有名なのはニューギンの花の慶次~雲~や、信長など、チョロ打ちが有効な機種です。
これらの台はチョロ打ちすることで、回転率を上げることができます。
何故かというと、普通に打つと左側方向への勢いが付いて風車の左側に玉がいってしまい、無駄玉が増えてしまいます。チョロ打ちすることで、風車上を通りやすくするため、無駄玉を減らして回転率を上げることができるというわけです。

同じような理屈で、タイタニックでは時短中のチョロ打ちが有効です。これはスルーを通しやすくなるため、多少スルー釘が悪くても打つことができ、玉増やしを行うことも可能となります。

あと、花の慶次ではもう一つ重要なポイントがあります。それはJUB(上アタッカーボーナス)を引いたときのストロークで、通常は矢印で示された位置に玉を打つのですが、上アタッカー付近の釘を締められていると、矢印よりさらに上のポイント、右側に玉が流れるか流れないかくらいの強さで玉を打った方が、入賞率が上がります。

これらに共通することは、特定のストロークにより確実に「有利なルートを通る確率が上がる」ということです。そして、そのルートを通った場合やヘソやスルーへのアプローチ回数が多くなるわけです。

それ以外では、海物語で有効な天打ちですね。通常、右側の方がゲージが悪いため左打ちをするのですが、ワープ入口が天井釘の横についているため、ステージ性能が良い場合は少しでもワープからの入賞を増やすため、天打ちが有効になることがあります。

以上、有名なところをあげてみました。ストローク調整は全ての台で有効なわけではありませんが、有効な台では確実に差を付けられるポイントになるため、絶対に身に付ける必要があります。

重要なのは物理的に考えることです。物理的に明らかに玉の軌道や通る道が変わる場合、何らかの効果があると思ってよいです。勢いが変わるだけでは、ほとんど効果はないと考えた方が良いです。

なお、羽物機種ではストロークが重要になるのは言うまでもありません。ほとんど打たないので、私には分かりませんが。


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

This entry was posted in 打ち方・釘読み and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.