台選び どの機種を打つのが効率良いか

タイトルのままだと、銭形一択です。ですが、果たして銭形だけ打っていれば良いのか。

パチンコ店では、何十種類もの台を置いています。仮に海しかない店があったとすると、当然客も飽きますので、そんな店には寄り付きません。

では、勝つためにはどのようにして台を選んでいけばよいか。一つにはボーダーラインが低い台を選ぶことです。
これは、当然ボーダーラインが低い台の方が客が有利であり、店側もボーダーに合わせてきつい調整にしてくるものと考えられますが、ヘソを締めるにも限界があります。どの台も一律で20前後に調整する店も多いでしょう。そのため、ボーダーが低い台は客にとって有利になるケースが多いのです。

続いて攻略打ちが有効な機種。ボーダー以外の部分で、一般客と差を付けるためには打ち方に工夫の効く機種を選んだ方が有利です。
この意味で、捻り打ちや止め打ちが有効な機種は、かなり有利に立ち回ることができます。とりあえず京楽を抑えておけば無難でしたが、その神話も仕事人で崩れそうなため、今後はどうなるか分かりません。


あとは、これは初めの内の話なのですが、なるべく同機種を扱った方が効率が良いです。一つの台を極めることは、とても重要です。
まずは1機種でもいいので、釘を読めるようにすること。それができてから、他の台も読めるようにすれば良いので。
そして、なるべくメジャーな台を打つことですね。せっかく釘読みを覚えても、他の店で通用しないと非効率です。
マイナー機種を攻略するのは、上級者のなせる業であると言えます。

以上の条件を満たした機種は・・・銭形しかないでしょう。次点で、知名度や店の扱いの点から海物語ですが、捻り打ちや攻略打ちの効果が薄いのでいまいち。ガロとかも、かなり有利ですね。
決して好きな映画やアニメの機種だからという理由で選ばない方が効率的です。

そして、最初は1機種で良いですが、少しずつ扱える機種を増やしていくべきです。海物語が、一番つぶしが効きますね。
あとは、同じメーカーだと攻略ポイントが近いことが多いので、京楽やSANKYOなど、メーカー別に攻略するのもおすすめです。


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

    None Found
This entry was posted in 立ち回り・店選び and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.