勝てるパチンコ店の選び方

パチンコで勝つためのもっとも重要なポイントが店選びになります。
釘読みや、打法(捻り打ちなど)よりもずっと重要です。

【立地】
大きく分けて駅前店、郊外店がありますが、一概にどちらがいいとは言えません。
複数店舗を回れるという意味では、店舗が密集する駅前に軍配があがります。

【換金率】
基本的に、低いほうがいいです。
2.5~3円(33玉~40玉)くらいがベスト。
なぜかというと、換金ギャップにより「他の客と差を付けることができる」からです。

同じ店で、毎回1回交換する客と、出玉で粘って打つ客がいた場合、
後者が有利になります。
一度換金してしまうと1玉2.5円となり次に借りるのは4円かかりますが、
持ち玉で打ち続ければ、2.5円の玉で打つことができるからです。
また、貯玉が利用できる店なら、絶対に利用してください。
手数料無料なら、等価店と同等の効率で玉を使えます。


【貯玉】
上述のとおり、絶対に利用してください。
毎回交換するのと、貯玉して次回使うのでは、収支に雲泥の差が出ます。
最初の店では、まず会員カードを作って損は無いと思います。
(あまりにひどい釘で、もう2度と行かないクラスであれば別ですが・・・)

【客入り】
これも一概には言えませんが、やはり繁盛している店の方がいい台が置いてある傾向にあります。
しかし、閑散店であれば良い台を取るライバルがいませんので、台を見つけた後は閑散店のほうが立ち回りやすいでしょう。
個人的にはたばこの煙や騒音も気になるので、客の少ない閑散店の方を中心に回っています。

とりあえずこのくらいでしょうか。
何が言いたいかというと、店選びというとまずは台選び、釘読みを意識するかと思いますが(これも、今後記事にしていきます)、台に座る以前にある程度の判断材料があるということです。
「勝つパチンコ」では、店に長時間滞在することになりますので、店の居心地というのも一つ重要なポイントになります。

私は大体、主軸となる3~4店舗を中心に10店舗近くを利用しています。
複数店舗を使う理由は、1つの店舗で毎週のようにバカ出ししていると「目立つ」からです。
店側だって、毎週のように来店して捻りうちをしまくって、箱積んで帰るような客がいたら、放置しておかないでしょう。最悪、出入り禁止にされる恐れもあります。
複数店舗をローテーションすることで、勝っているということを分かりにくくするのです。

専業パチプロの方ですと、この2~3倍は使っているかもしれませんが、
そもそもいく回数が少ないので、これで十分です(もっと少なくてもいいと思います)。
このあたりは、サラリーマンの数少ない利点だと思います。

実際のローテーションは、また記事にします。
イベント規制が入った今、貯玉を利用した立ち回りが基本となります。

なお、イベント規制の影響により、専業の方はかなりの痛手を負ったかと思います。しかし、サラリーマンの週末(土・日)しか打たない立ち回りでは、そもそも休日にイベントが行われることが少ないため、あまり影響はありません。休日はイベントを行わなくても客が来るから、やったとしてもガセイベントのみ、ということになります。
今となっては、関係ない話ですが・・・


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

    None Found
This entry was posted in 立ち回り・店選び and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.