捻り打ち

一つくらいは攻略も載せないとね・・・

今最も主流になっているテクニックとも言えるのが、この「捻り打ち」です。

最近、大当たりの時は右打ちをする機種というのが増えてきました。捻り打ちのターゲットは、この右打ち機種になります。


捻り打ちとは、大当たり時に天井すれすれに玉が来るよう弱めに打ち、次の1発を強く打つことで、2発同時にアタッカーにぶち込む打法です。
たとえばアタッカーが8カウントの機種であれば、7カウント目まで普通に打ち出します。8カウント目を天井すれすれに弱めに打ち、次の瞬間ハンドルを思いっきり右に捻り、強めの1発を打ち出します。弱めに打った玉に強めに打った玉が追いつきますので、2発くっついてアタッカーに流れこみ、8カウントしかカウントできない機種で9カウントをさせることができるというものです。

これが非常に強力で、出玉で大きく差を付けることができます。
以下に具体的な機種別の攻略を書いていきます。
まだまだたくさんあるので、いろいろ試してみてください。

・びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ
言わずとしれた捻り打ち機種です。他にもっと詳しく紹介しているサイトがあるかと思います。
この機種は天井に引っ掛けてワンバウンドさせることが可能ですので、次の1発を間髪いれずにぶちこむことで捻り打ちが成功します。無調整なら7~8割くらいは狙えると思います。

なお、京楽の機種はこれに限らず捻り打ちの効く機種がほとんどです。(あしたのジョーやプロポーズ)

・ヴァン・ヘルシング
今は撤去されている店が多いかと思います。この機種も捻り打ちが可能で、しかも非常に効果があります。なぜかというと、この機種はアタッカー周りがプラスチックで釘がありません。つまり、店側は調整することができず、バネが逝かれてない限り、確実に捻り打ちが成功します。
この機種は天井にひっかけることはできませんが、弱め打ち→強め打ちで簡単に2発をアタッカーにぶちこむことが可能です。9割以上は成功させたいところ。

なお、藤商事も捻り打ちが効く機種がいくつかあります。最近ではリング2が有効ですが、アタッカー周りが厳しいとあまり効果が無いことも・・・

・ぱちんこRio
言わずとしれた?萌えパチです。
この機種は天井付近での減速効果が高く、捻り打ちを簡単に行えます。さらに、入賞カウンターがアタッカーの奥の方についているため、多少タイミングがずれても2個入ってくれます。
ちなみに弱→中→強、あるいは弱→弱→強と打つことで3個同時入賞も狙えてしまいます。自分はやりませんが、釘次第では狙ってみる価値があると思います。
この台も7~8割くらいは成功させることができると思います。個人的には、一番簡単にできる機種だと思います。ただし、普通に打っていても勝手にオーバー入賞するような台なので、他の客と差を付けるという意味では効果は薄いかもしれません。

平和は、ボーダーがきつい台が多く、打つことは少ないです。

今回は3台だけ、紹介してみました。
他の台については、機種別攻略にて触れていきたいと思います。
とにかく有効な台が多いので、必ずマスターしてください。


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

This entry was posted in 立ち回り・店選び, 打ち方・釘読み and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.