【新機種考察】CRデビルマンレディーFPL

藤商事の機種ということで、一応触れておきます。RAVEが今いちだったので、こちらはどうか。

【機種名】
CRデビルマンレディーFPL


【メーカー】
藤商事

【スペック】
抽選確率(高確率)
1/299(1/39)

時短
すべての大当り終了後40回or60回or80回

確変突入率
77%
内訳
[ヘソ入賞時]
16R確変(右) 3%
実質11R確変(下) 27%
実質4R確変(下) 4%
突然確変 1.5%
潜伏確変(初回のみ) 24.5%
潜伏確変 17%
実質4R通常(下、電サポ40回) 23%
[電チュー入賞時]
16R確変(右) 50%
実質4R確変(右) 7%
4R確変(下) 10%
突然確変 10%
突然通常(電サポ40回) 19%
突然通常(電サポ60回) 3%
突然通常(電サポ80回) 1%
賞球
3&3&10&14

大当り時推定出玉
16R×9C×14=1800発
11R×9C×14=1240発
4R×9C×14=450発

【導入時期】
2012年5月6日


【考察】
スペックは見た感じちょっと辛め。ボーダー18~19ってところか。
RAVEと同じようなスペックで、ヘソからの潜伏率が高くなっている。電サポに入っても、突然通常を搭載しているので、やはり厳しい。

ということで、おいしいかどうかはゲージ次第。ヘソとか寄りがよくても、それほど差はつかないが、スルーやアタッカー釘のゲージが良ければ、捻り打ちや止め打ちを利用して差を付けることができる。

ここまでの藤商事の台を見ていると、どれもスペックが辛い。それでも、捻り打ちや止め打ちのきくヴァン・ヘルシングはおいしかったのだが。ここらで一度、特殊スペック台を出してほしいところ。


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

This entry was posted in 考察 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.