【機種別攻略】CRF覇王伝 零 その甘さが命取り

福本作品ということで、触れておきます。勝てなくはない機種かも。


【機種名】
CRF覇王伝 零 その甘さが命取り


【メーカー】
SANKYO

【機種スペック】
大当り確率
通常時:1/99
確率変動時:1/33.3
確変突入率:80%
ST回数:20回転
時短〔STを含む〕:20 or 100
ラウンド:4R or 15R
カウント:7c
賞球:3&10

○振り分け
〔ヘソ抽選〕
4R確変:2%
4R確変〔電サポ無し〕:8%
15R確変:23%
15R RUB〔実質4R〕:42%
15R RUB:5%
4R通常:20%
〔電チュー抽選〕
4R確変:2%
4R確変〔電サポ無し〕:8%
15R確変:62%
15R RUB〔実質4R〕:6%
15R RUB:2%
4R通常:20%


【打ち方】
・捻り打ち
右打ち機種ですが、アタッカーの位置が悪いのと天井付近であまり減速しないので効果は薄いです。
ただ、ラウンド数がやたら多い機種なので、1回1回の効果は薄くとも狙っていく価値はあります。
6発打ちで止め、7発目を弱め、8発目を強めに打ってオーバー入賞を狙います。

・止め打ち
2発×3セットが安定だが、スルーと相談で3発を混ぜる感じか。
この機種の開放はいやらしく、普通は3回目の解放後が最も待ち時間が長いのだが、この機種では1回目の解放後の街時間の方が長い。
最初、これに気づかずにタイミングを狂わされてしまった。
 1回目の開放が始まると同時に2発打ち
 2回目の開放が始まる直前に2発打ち
 3回目の開放が始まる直前に2発打ち
こんな感じか。とにかく、最初の解放後はちょっと遅れると認識しておく必要があります。
で、こんなに頑張っても現状維持から微増がやっとです。

【釘読み】
この台は、ワープです。ステージ性能が高く、中央に来た玉はもちろん中央から外れた玉もそこそこ入賞してくれます。
次いでヘソ釘。ヘソは当然重要ですが、あまりに閉じているとステージから落ちてきた玉が弾かれてしまうので、かなり重要です。
で、寄りと風車も大事・・・元が甘くないので、ちょっと絞められると一気に玉の勢いが殺されてしまう。
あとはスルーも・・・そこそこ通りやすいですが、止め打ちを2発打ちで行うためにはここが通りやすくないと辛い。
と、ほとんどの釘が重要ですので、注意してみてください。

【その他のポイント】
スペックはちょっと辛めで玉増やしも効かないので、かなり回る台でないと打てませんね。
私は福本作品というだけで、そこそこ打ちましたが、、、そうでない人は微妙かも。


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

This entry was posted in 機種別攻略 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.