【機種別攻略】CRルパン三世 World is mine 不二子99.9Ver.

今、一番安定して勝てる甘デジかと思います。


【機種名】
CRルパン三世 World is mine 不二子99.9Ver.

【メーカー】
平和

【機種スペック】
継続 回数 6or16R9カウント
出玉数 0個or466個or1165個
賞球数 3&10&10
大当り確率 1/99.9 高確率時1/15.7
時短 8or100回
確変突入率:100%(ST8回転)
ワールドイズマインモード継続率:約77%

ラウンド振り分け
ヘソ
6R :87%( 466個)
15R: 5%(1165個)
6R : 8%( 0個)

電チュー
6R :95%( 466個)
15R: 5%(1165個)

【打ち方】
・捻り打ち
天井付近で若干の減速が可能だが威力調節がシビアなのと、捻らなくても普通にオーバー入賞することから、
捻り打ちの効果は薄いと思われます。
アタッカーがかなり良い場合は、2発上乗せを狙うのも可能かもしれませんが、まあ積極的に狙うほどではないかな。

・止め打ち
3発打ち×3セットでけっこう増えます。時短100完走で、下皿がいっぱいになるくらい。
タイミングは以下のとおり。
 1回目の開放が終わる直前に3発打ち出し
 2回目の開放が終わる直前に3発打ち出し
 3回目の開放が終わって、一瞬待ってから3発打ち出し
スルーが通りづらい場合は4発打ちにする必要がありますが、それだと玉があまり増えなくなります。

【釘読み】
前作ルパンと比べると、全体的にゲージが悪くなってます。
まず、問題のスルーとアタッカー。アタッカーに流れる玉はスルーを通らず、スルー側に流れる玉はアタッカーを通らない。
時短中に3発安定するような台だと、アタッカーで削られてしまいます。いや、ほんとひどいゲージだ。
しかし、時短の時間が長いことを考えると、アタッカーよりスルー釘重視で、そちらに玉が流れる台を狙って打ちます。
あとは電チュー横の釘も注意。無調整だとけっこうはじかれてしまいます。
逆にここが甘ければ、時短中で200~300発くらい増やせるかもしれません。
そんな台、見たことないですが・・・
次いで、ワープ釘とヘソ釘ですね。ステージの癖が良ければワープ釘も重視ですが、あまり入賞率は高くありませんので参考程度に。

【その他のポイント】
前作と比べると、ステージからの入賞率があまり高くないです。一応、ステージ止めはした方がよいですが、ワープ釘はそこまで重要ではないかな。


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

This entry was posted in 機種別攻略 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.