【機種別パチンコ攻略】CR花の慶次~焔

攻略2台目は花の慶次~焔です。前回は古い台を取り上げてしまったので、今回は最近の台に着目することにしました。あまり攻略打ちと呼べるところはありませんが、店が大事に使っていることが多く、比較的釘の甘い機種かと思われます。

【機種名】
CR花の慶次~焔

【メーカー】
ニューギン

【スペック】
継続 回数 4or8or16R9カウント
賞球数 3&10&13&15
大当り確率 1/397.18 高確率時1/39.72
時短 40or60or100回


【打ち方】
・ステージ止め
台によって個体差がありますが、癖の良い台は入賞率が高いですので、チェックしてみてください。

・電チュー開放時の止め打ち
確変中は、止めうちが有効です。3開放1セットですので、スルーの通り具合と相談して2~3発×3回を繰り返すだけです。電チューまでの距離が遠いので、玉増えは微増程度となります。
ちなみに、この機種、捻り打ちはまったく有効ではありません・・・

【釘読み】
攻略があまりない分、釘読みで勝負・・・大事な釘は寄りと風車ですかね。なぜかというと、この台というかニューギンの台全般に言えることですが、風車からヘソまでの距離が長いのです。つまり、風車で玉の勢いを消されてしまうと、まともにヘソに玉が届かないので、ここが最重要となります。もちろん、ヘソも大事なのですが、一律調整なことを考えると、こちらで比較したほうが効率がいい。
寄りの一番したの釘のうち、左は左下、右は右上に向いているのが良いでしょう。また、風車は左上に向いているのがもっともよい釘配置です。ただし、風車があまりに左に向いていると、風車と道釘の間に玉が落ちてしまう危険性もありますので、注意が必要です。
あとは、上アタッカーの入り口を削ってくる店もありますので、合わせて注意してください。

【その他のポイント】
・ハンドルのバネ
あまり関係ないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、何気に重要です。ポイントは、玉出しが安定していること。RUB(大ふへんもの)で上アタッカーが開放するとき、安定してアタッカーに玉を入れるには打ち出しが安定している必要があるのです。

【セグ】
4通、4確はチェックするようにしてください。


以上です。
慶次は4台目となりますが、スペック的にはこの台もけっこう好きです。上アタッカーの2,000発が大きいね。でもやっぱ、チョロ打ちの有効だった初代(雲)が最強なのは言うまでもない。


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

This entry was posted in 機種別攻略 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.