【機種別攻略】新暴れん坊将軍不死身の闇烏(甘デジスペック)

古い機種だが、藤商事の台ということで考察したい。そこそこ勝てる台。

【機種名】
新暴れん坊将軍不死身の闇烏(甘デジスペック)

【メーカー】
藤商事

【打ち方】
・捻り打ち
アタッカー付近がかなり厳しいのと、アタッカーまでの距離が長く途中の釘本数も多いため、ほとんど効果はないと思われる。

・止め打ち
めっちゃ増えます。時短に入ったら2発打ちをしていくだけ。スルー釘が悪ければ、3発打ちに切り替えていけばよいが、スルー釘は元々のゲージが甘いので、良釘を拾いやすい。
また、初当たりには必ず時短が付くので、電サポ止め打ちがかなり重要になるのは言うまでもない。


【釘読み】
重要なのは寄り、風車、ヘソとオーソドックスなところ。キモとなるのはスルー釘なのだが、元々の釘配置が甘めに設定されているので、相当締められていなければ玉増えが見込める。
アタッカーやワープは次点。アタッカーが甘くても、途中の釘本数が多すぎて捻り打ちは安定しないと思われる。

【その他のポイント】
・特殊スペック
藤商事らしく特殊スペック。2通(この機種では3通だが)の出玉なし通常大当たりが電チュー入賞のみ発生。
初当たりは必ず出玉あり大当たりで通常を引いても時短が付く、終日打つことを考えると、非常に安定しているスペックと言える。
しかし、戦国乱舞がこけたように、この手の安定スペックはあまり世間には受け入れられない。そのため、この台も微妙な導入・稼働となっている。

・演出
全然攻略と関係ないですが、安達祐実や曙が出演しています。
曙が出るたびに笑ってしまい止め打ちに集中できなくなる恐れがあるので、注意が必要です。


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

    None Found
This entry was posted in 機種別攻略 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.