【機種別攻略】CR勇者ライディーン(甘デジスペック)

この時期にこんな古い機種の攻略を取り扱った理由は、実はめちゃくちゃ勝てる台だからです。もっと早い内に紹介しておくべきだったか。

【機種名】
CR勇者ライディーン(甘デジスペック)


【メーカー】
藤商事

【打ち方】
・捻り打ち
一応右打ち機種ですが、アタッカーまでの距離が遠すぎるため、捻り打ちはあまり有効ではありません。アタッカー釘が相当甘いなら、狙ってみる程度か。
私の打った限りでは、とてもじゃないけどオーバー入賞を狙えませんでした。

・止め打ち
この機種の真骨頂は止め打ちにあります。特に難しいことなく、小デジ保留の残りに応じて2~3発ずつ打っていくだけでガンガン増えます。時短20回で下皿が満タンになることもありました。
スペック上は最初の大当たりは時短20回で、時短中に当たりを引ければ時短70回ループに突入します。
ループに突入した時の玉増え効果には、かなり期待できます。

なぜそんなに効果があるかというと、ガセ演出がやたらと多いためです。
ほとんど勝てないのに果敢にザコ的に立ち向かっていくライディーン・・・長い演出はボーナスタイムとして、止め打ちに利用させていただきます。
甘デジで潜伏もないため電サポ比率が高く、ガンガン玉増やしを行っていけば、相当ボーダーが甘くなります。


【釘読み】
止め打ちが最大のポイントになることから、当然見るべき釘はスルー釘でしょう。締めようと思えば締められますし、無調整ならガンガン通るスルーです。
この機種を締めてくる店は、スルー周りは厳しい調整にしている店が多いのではないでしょうか。
次いで、寄り釘・風車とヘソ釘を見ていきます。あとはアタッカーも一応見る感じか。
ただ、実際は導入台数も少なくあまり比較もできないので、スルーとヘソ以外はあまり見ても意味がないかもしれません。

【その他のポイント】
・転落システムを搭載した珍しい機種です。最近だとアクエリオンの2作目とかが転落搭載でした。昔の機種では奥村遊戯の機種で花牌とか笑ウせぇるすまんとかも転落ありでした。笑ウせぇるすまんは、大好きな機種でしたが、その話はまた別の機会に。

転落確率が高いので、時短抜けの時点でほとんど転落しています。50回も回せば、間違いなく転落しているでしょう。なお、ミドルスペックやマックススペックでは、時短抜け後も潜伏している確率が高めなので、150回転くらいは回した方が無難かと思われます。

・古い方のライディーンです。新しい方は高尾から出ていますので、間違えないように注意してください。似たような機種を同時期に出すあたり、業界間の連携はあまり取れていないのか・・・


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

This entry was posted in 機種別攻略 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.