【機種別パチンコ攻略】CRAびっくりぱちんこあしたのジョー Light Version

もうほとんど撤去されてしまった台かも知れない。特に甘デジスペックは導入台数も少なく、ほとんど残っていないかもしれない。

【機種名】
CRAびっくりぱちんこあしたのジョー Light Version

【メーカー】
京楽

【打ち方】
・捻り打ち
銭形ほどではないが、かなり有効。天井付近で減速させることができるので、弱→強の2発打ちが簡単に決まる。
ただし、アタッカー釘がいじりやすい(いじられやすい)ので、それによってはあまり出玉が取れないかもしれない。

・止め打ち
この台では、こちらが真骨頂か。スルーの位置が絶妙で、店側が締めにくい。スルーを閉めると電チュー方向に玉が流れて、かなり玉が増えてしまう調整になるからだ。
2発打ちがベストだが、スルー次第では3発打ちも混ぜていく。なお、捻り打ちを混ぜての3発打ちが一番出玉が取れるが、かなり目立つのでおすすめできない。
なお、止め打ちが有効なのはライトスペックのみで、ミドルスペックでは変なところに1本釘があってスルーに入りにくい。



【釘読み】
この台で重要なのはアタッカーか。店によって、一番差が激しいのがアタッカーだと思う。寄り、風車はもともと甘いのでそこまで気にしなくてよい。
ステージの癖がよければ入賞が期待できるので、ワープ釘と寄りからのステージ乗り上げも一応チェック。なお、ステージ入賞してもヘソからこぼれることもあり、過信は禁物。

【その他のポイント】
・保留変化
ミドルスペックから大幅に変更されたのが保留変化の信頼度、これが、かなり差を付けられるポイント。
なぜかというと、この台はジョーラッシュに如何にして入るかというのがポイントであり、少しでもラッシュに入れるような打ち方をする必要がある。
何を言いたいかというと、保留変化の信頼度が高いことを利用して、ラッシュ突入率を上げることが可能ということである。

通常時は、特訓モードに入りそうなら保留0をキープし、大当たりを引けそうなら保留4つをキープする。
前者は特訓モード中にコイン保留を引ける確率を上げるため、後者は、もし信頼度の高い保留(ヘッドギア、パンツ以上)が出たら力石少年院戦で使用するためだ。
たとえば、大当たりを引いて保留3つ目にゴング保留があったとする。大当たり中は電チュー保留に2発以上入らないようにして消化。
丁度、ラスト保留がゴングとなるようにして、少年院戦を消化するのだ。ラスト保留で当たればよし、その手前であたりを引くことができたら、ジョーラッシュ99回転目でゴング保留を使えばよい。
正確には測ってないが、ヘッドギア、パンツ以上(+サンドバッグもか)ならば、多少有利に進めることができる。

段平特訓モードに突入してから、コイン保留が出ると高確率で大当たりを引くことができる。これを利用して、特訓モード中に当たりを引いて
コイン保留が残っていたら、上記手順と同様に少年院戦で消化。
また、逆に5回点目までにコインを引けなかった場合、右打ちして電チュー保留にかけるという手もある。
この台、通常時に右打ちしてもスルーの抽選率が高く、そこそこ電チュー保留を貯めることができる。

これだけだと大きな差はつかないが、捻り打ち、止めうちと合わせて使っていくことで確実に有利になるわけだ。


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

This entry was posted in 機種別攻略 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.