パチンコ店は低換金店がねらい目

タイトルのとおり、今回は換金率の差がどのような影響を及ぼすか、紹介していきます。もちろん、等価店でもいい店はあるかも知れません。ただ、確率的にそのような店は少ないということです。なぜかというと、低換金だからこそ他の客と差を付けられる部分があり、その点だけでも等価店に比べて優位に立てるということになります。

【低換金店のすすめ】
換金率は、一見すると爆連したときのことを考え高いほうがいいと考えがちです。しかし、低換金店には以下のようなメリットがあります。

・釘が甘いことが多い
これは当然、等価店の方が釘が甘ければ誰だってそっちに行きます。換金率で勝負できない以上は別の部分で勝負する必要があるのです。高換金店でもヘソを開けることはありますが、スルーやアタッカーはどうでしょうか。かなり厳しい調整になっていることのほうが多いはずです。

・他の客と差をつけやすい
これは長時間粘ること前提で、他の客より優位に立てるということです。
たとえば、換金率が2円の店の場合
Aさんは2,500発使って10,000発獲得、即換金という立ち回りを3回行うと
(10,000×2円-2,500×4円)×3=30,000円になります。

Bさんは2,500発使って10,000発獲得、持ち玉で同じ増減を3回繰り返すと、
合計30,000発獲得、初期投資2,500発、持ち玉が5,000発ですので、
(30,000-5,000)×2円-2,500×4=40,000円となります。

この10,000円分の差が換金ギャップということになります。このことから、持ち玉で長時間粘るとそれだけで有利になるということが分かります。効果は稼働時間に比例しますので、低換金店ではなるべく長い時間持ち玉で打ち続けるというのが鉄則です。勝っている内に換金して勝ちを確定させるなんていうのは、一見すると間違っていないようにも思えますが愚の骨頂ということです。


当たり前のことを書いていますが、実践するのは意外と難しいです。勝っているうちにやめたい、負け越したくないと考えるのが人間の心理です。また気持ちよく連荘すると、満足して帰ってしまうのも人間の心理です。あまり粘る人がいないからこそ、低換金店が成り立つのです。しかし、ギャンブルで勝つにはそういう感情論を抜きにして、数字の優劣だけを考え、常に冷静に行動しなくてはなりません。一つ一つの演出に熱くなっている暇があったら、その間にヘソへの入賞率を計算して、ボーダーを上回っているかどうか、またそれは換金ギャップを考慮して打ち続けるだけの価値があるかどうか、臨機応変に見極めていく必要があるのです。

ですが、これは専業の方の心構えです。実際はそれなりに戦える台(ボーダーラインを超える台)というのが転がっています。専業の方でなく、あくまでサラリーマンの副業として、パチンコを楽しみながら収支を安定させていくというくらいでよければ、もう少し楽しみながらパチンコを打つことも可能です。私のスタンスも、究極まで利を追求しないものの損はしない、そして打ちたい台を打つ、ということですので。

なお、ボーダーラインを掲載しているサイトや雑誌では換金率別にボーダーラインを乗せているところがほとんどです。このとき、等価以外のボーダーラインとは、全て終日稼動した際のボーダーラインになります。1回交換だとボーダーの開きは10回転近くに跳ね上がってしまいますのでご注意ください。

そして換金率と同じくらい大事な貯玉について、次回は紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

    None Found
This entry was posted in 基本的な考え方, 立ち回り・店選び and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.