パチンコは期待値を求めるゲーム

まずはじめに言っておきたいのは、パチンコは究極的には期待値を求めるゲームであるということです。
換金ギャップを考慮し、その台を一定時間打ったときの収支がプラスになる台だけを打っていれば、理論上負けることはありません。
また、私は遠隔をほぼ否定します。ほぼ、というのは、自分の打っている範囲では遠隔だと思ったことは一度もないからという意味です。


その前提に立つと、ボーダー以上の台だけを打っていればいいことになります。ボーダーなんて検索すればすぐに出てきますので、その数値と自分の打っている台の回転数を比較すれば、その台を打ち続けたときの収支がどうなるか、というのは一目瞭然です。

このボーダーは、店の換金率大きく異なってきます。
4円の場合、特に気にすることはないのですが、貸し玉と換金時のギャップについては、最低限意識する必要があります。
それは、2.5円の店では1度の大当たりですぐに交換するのが一番損=カモであるということです。換金ギャップが発生する場合、ボーダー未満の台を打っている場合を除き、なるべく長い時間パチンコを打つのが鉄則です。いわゆるやめ時というのは、持ち玉が壊滅した時ということになります。

もちろん、ボーダーだけでは判断できない部分もあります。ボーダーとは、ヘソやアタッカーへの入賞率から確変中の玉の増減等も考慮して算出された数値ですので、それらの条件が狂うとボーダーもずれます。このあたりは、自分の感覚で補正をかけていく必要があります。

なんにせよ、まずはボーダーを常に意識して打つことが大切です。


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

    None Found
This entry was posted in 基本的な考え方 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.