3月24日パチンコ実戦(実践)日記33 リング呪いの七日間、CR RAVE

久々の更新となります。4月になれば、もう少し稼働できるかな。

【1台目:リング~呪いの七日間~(ライトミドルスペック)】
まずはリングから。
50回転くらいで疑似3から両手落ち(時間差)で陽一リーチ、青、青と尻下がりの展開から当たり。
STは全くリーチがかからず5R単発で終了。1回もリーチがかからないとけっこう落ち込むね。
全部飲まれて、少し玉を流して終了。

-1,000発

【2台目:CR RAVE(マックススペック)】
一度くらいは大当たりを、と思って座ったのだが、まさかこんな展開になるとは。
80回転目くらいで疑似3、7テンパイはずれからあっさりと潜伏を引く。


潜伏ループを2回食らうも無事大当たりを引き、確変へ突入。
あれよあれよとこれが8連荘くらいしてしまった。



まず大当たりラウンド中は捻り打ちがかなり有効。
というのも、アタッカーまでのこぼしポイントがほとんどなく、捻り打ちにより8~9割くらいはオーバー入賞を狙うことができる。
そのため、15Rを引けば2,000発オーバーの出玉を獲得することができ、ボーダーはかなり甘くなる。
さらに、確変中の止め打ちも有効。すごい勢いで玉が増えていく。3発×3回で1セットの止め打ちを繰り返すだけ。
ゲージの作りはヴァン・ヘルシングにかなり似ている。

また、演出もヘルシングと似たものが多く、一部は鬼太郎っぽいところもある。
赤系演出の異音は鬼太郎と同じだし。


最初の連荘で一気に玉を増やしたので、終日打ってみることにしたのだが、
120回転目くらいで初のレイブチャンスに突入。
連打していると、パトランプチャンスまで到達して、もしやと思っていると7テンパイ。
ボタンプッシュでパトランプが光り、15R確率変動突入。


この台、確変で電サポ次回まで付くのは37%しかないため、いきなり引けたのはかなりおいしい。

そして、これがまた連荘が止まらない。
確変中は、エンドレスに会わなければ全く負けなかった。
そして、援護が二人くれば15Rに突入。
エンドレスは合計3回会ったが、1回は回避、2回は最後の試練に落ちたが引き戻し。あとは初見のデンジャー会話予告が出たけど、無事15R当たり。
最後は援護一人レットで負けたが、11連荘で終了。


その後も小さな連荘が続き、最後に8連荘して終了。
大当たり間の最大はまりは200回くらいで、確変中の最大はまりも190くらいだったかな。

+52,000発


完全に運勝ちをしてしまった展開。それを抜きにしても、RAVEのゲージはかなり優秀なので、今後も積極的に打っていきたい。銭形クラスとは言わないが、それに次ぐくらい素晴らしい。
問題はマックススペックなところか。このゲージで甘デジやライトミドルが出れば打ち込むけど、すでに客飛んでるし微妙なところかな。

【本日の差玉】
+51,000発

【今月の差玉】
+48,500発


スポンサードリンク

【関連記事を読む】

This entry was posted in パチンコ実戦日記 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.